2011年3月20日 の説教



 聖書

 コロサイの信徒への手紙 1章1~14節

説教要旨   「わたしたちは、いつもあなたがたのために祈り、わたしたちの主イエス・キリストの父である神に感謝しています(1章3節)」。使徒パウロはコロサイのキリスト者に神への感謝としてこの手紙を書き送っています。どういうことで、神に感謝するのか、それは4-5節に次のように述べられています。「あなたがたがキリスト・イエスにおいて持っている信仰と、すべての聖なる者たちに対して抱いている愛について、聞いたからです。それは、あなたがたのために天に蓄えられている希望に基づくものであり、あなたがたは既にこの希望を、福音という真理の言葉を通して聞きました。」ここには、「信仰・希望・愛」という三つの言葉が見受けられます。

 私たちがこの三つの言葉をよく知っているのは、第一コリント13章13節、「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である」という箇所です。この三つはコリントの手紙ではどういう脈絡ででてくるか。「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない(同4-5節)」という徳として述べられますが、実はこれは全て「愛は忍耐強い」という事柄に集約されます。「愛というのは何か、愛というのはつまり忍耐強い」ということだと言っているのです。更にこの7節には「すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」とあり、信仰と希望も「忍耐」という事柄の枠組に焦点をもっている。つまり愛も信仰も希望も、忍耐という言葉に結び付けられている。そして愛(あるいは信仰、希望)の忍耐というのはいったい何だろうか、聖書というのは、そういう問いかけをするようになっている。ですから私たちはこの一年を新しく始めよう、とそういう時にこれらの問いかけを一年間、よくよく自問自答し、またみずからの共同体の中での問いかけとしていく、そういうことが大切なわけです。 

 尚且つ先のコリント13章8節では「愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう」との言葉によって、あなたがたが、キリストにおいて持っている愛(信仰・希望)は廃れないものなんだよと励ましている。この当時横行していたような偽預言者等による預言や異言、知識、即ち人間の言葉は廃れるものだが、コロサイの人々は(いろいろ問題はあるにせよ)その信仰をしっかりと保持してきた。そこにパウロは感謝している。

 私たちこの世にある教会は神より賜ったこの三つの事柄をもって、神よりの恵みの事柄を悟るために忍耐し、恵みを見い出す喜びをつないでいく、そういう教会であります。

礼拝の説教一覧へ戻る