2011年3月20日 の説教



 聖書

 ヨハネによる福音書 8章21~36節

説教要旨   「自由」という言葉には、我々の感じるよりもずっと古代の時代の人々は敏感だったと思います。ヨハネ8章32節のイエス様のこの言葉に、すぐさまユダヤ人たちは反応し、反論しています。…彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。(33節)」

 彼らは、アブラハムの子孫ということに大変深く自負をもっており、ユダヤ人であることを誇りにしています。この言葉は大変プライドが高い、そういう言葉に聞こえます。しかし歴史を振り返れば、ユダヤの人々は常に奴隷であった。十戒(出エジプト記20章2節)に「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」とある。彼らはまずエジプトの奴隷であったし、アッシリアの虜であり、バビロニア捕囚も経験しそしてこの時代はローマ帝国の植民地であった。それをおして「奴隷なんぞではない」と言い張るところに強いプライドと愛国心が伺える。しかしこのような愛国心は何を生み出すのでしょうか。戦時中、それでもお前は日本人か、非国民、と責められた際、白井健三郎さんは「いやその前に人間だよ」と語ったという(加藤周一「羊の歌余聞」より)。私たちは人間としては、互いに誇るべき何ももたない、欠け多い罪深い存在なのだというところから、何故私たちはスタートできないのか。

 その頑なさを少し悲しみながら、イエスはお答えになる。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。(34節)」アブラハムの子孫だからどうとか、ユダヤ人だからどうとか、そういうことではなくて、優劣の決めようがない人間として、全ての人間が罪人なのだと。

 この8章のはじめには姦通の現場で捕らえられた女性のことが出てきます。3節にこうでてきます。律法学者たちやファリサイ派の人々は「こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています(5節)」とイエスに迫りましたが、イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい(7節)」と言い女性を救いました。罪の奴隷からの自由、解き放ちを主イエスは私たちの求むるべき真理による自由として指し示したのです。

礼拝の説教一覧へ戻る