2011年3月20日 の説教



 聖書

 ヨハネによる福音書 5章1~18節

説教要旨   ヨハネによる福音書5章2節の「ベトザタ」の池は「慈しみの家」という意味であると言われてきました。この池のほとりは病院の有様だったのではないか、と思わされます。「病気の人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた。(3節)」主イエスはそこで38年も病気で苦しんでいる人に声をかけられた。異本訳(5章3b-4節)の事情説明によれば「この池の水が動いたとき、真っ先に水に入る者は、どんな病気にかかっていても、いやされた」ので、病人たちは水が動くのをじっと待っていた様子が伺える。「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです(5節)」という言葉はその事情を表しており、彼は他の病人にいつも遅れをとっていた。それは競争であり我先にと飛び込むのですから当然機敏で動ける人の勝ちです。癒しの場である「慈しみの家」とは名ばかりで、ここには競争原理がまかりとおる弱肉強食の世界が展開されていた。

 この競争原理のまかり通る池に頼ることなく、主イエスにあってはいつも後回しにされていたこの人がいきなり癒されたのでしたが、しかしせっかく癒されたこの男が、今度は逆に主イエスを密告し売り渡してしまう者になる、そういう人間のありようをこの聖書の箇所は示している。あのイスカリオテのユダのようにイエスを「あいつですよ」と売り渡す。安息日に掟破りをしたのは私のせいではありませんよ、と。病から解き放たれた喜びや神の愛のわざへの感謝とは裏腹に、自己正当化と逆恨みと憎悪とが今や彼を支配している。彼もいつのまにか弱肉強食と競争原理にとりこまれてしまっている。当初この病人が「床を担いで歩く」ほどの回復ぶりを示したことを主イエスは喜んだ。神の安息日に最もふさわしいこと、それはあらゆる競争原理や弱肉強食が支配するこの世の中で、神の愛のわざが全ての束縛、罪の縄目を断ち切って人間を解き放ったのだと言えるのです。

 そのように解き放たれて生きてほしい、という聖書のメッセージがここにある。14節にはイエスはこの男に「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。…」と言われました。あなたがたは再びもとのように戻ってはいけない。私たちはそのように解き放たれているか、主イエスにより頼み、解放されているか、そう聞いてくるメッセージです。

 更に17節には「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ」これも私たちを解き放つ言葉です。神の愛の心に合わせ、この世の動きに惑わされない立脚点を得る。イエス様の言葉によって愛の心には際限がないのだということを深く学ばせていただくのです。

礼拝の説教一覧へ戻る