2011年3月20日 の説教



 聖書

 コリントの信徒への手紙一 3章1~9節

説教要旨   パウロは今日のコリントの信徒への手紙一の3章1節で、「わたしはあなたがたには、・・・乳飲み子である人々に対するように語りました」と示しています。ここでパウロはコリントの人々に対してある種の「咀嚼」をしてきたのだと思える。咀嚼というと、それは噛み砕いて細かくするということですが、分からない意味をよく分かるようにするというようにも使われます。パウロは福音の言葉をそのままでは、コリントの人々に伝えられない、と感じたわけです。それは3節以降、「お互いの間にねたみや争いが絶えない以上、あなたがたは肉の人であり、ただの人として歩んでいる・・・。」具体的には、誰それをリーダーとしてその派閥につく、というような幼稚な考え方があった。教会の中でそういう派閥を造り派閥争いをしているような姿があったということです。

 4節、「ある人が「わたしはパウロにつく」と言い、他の人が「わたしはアポロに」などと言っているとすれば、あなたがたは、ただの人にすぎないではありませんか。アポロとは何者か。また、パウロとは何者か。この二人は、あなたがたを信仰に導くためにそれぞれ主がお与えになった分に応じて仕えた者です。・・・」

 こういうコリントの人々でしたから、いきなり福音の言葉を与えるのは無理がありました。何よりも、すでに与えられているはずのみ言葉が血となり肉となっていない。「相変わらず肉の人だ」と言われる。そういう場合、いきなり福音の言葉、というのは確かにハードルの高いということになるのかも知れない。

 しかし、だからといってパウロはコリントの人々を突き放したりはしない。

 9節。「わたしたちは神のために力を合わせて働く者であり、あなたがたは神の畑、神の建物なのです。」

 あなたがたは神の畑、神の建物、と言われているように、一緒にやっていく仲間、と励ましている。ここで興味深いことは、パウロはローマだとか、コリントなどの、いわゆる都市文明の人々への語り口をもっている。それは建築物にたとえるやり方です。あなたがたは神様の建物なんだという。その土台はキリストだという。これを無視して、建物が建つわけにはいかない。キリストをお互い土台にしていながら、争い合っていた、と。そういう反省に導かれることになる。福音を分かりやすくかみ砕いて与えているのです。それはパウロがコリントの人々の言葉遣い、息づかいを知って、まるで乳を飲ませるようにかみ砕いた言葉を用いて語ったからなのですね。伝道の言葉というものは、まず第一にかみ砕かれた言葉として、相手の心に合わせるという細やかな事柄が必要となるわけなのでしょう。

礼拝の説教一覧へ戻る